脱毛サロンに行く前に自己処理として毛を剃っていくことが求められると思いますが、自分でやるとどうしても剃り残しなどがあるものですね。サロンによっては無料でシェービングしてくれたり、逆に有料だったり、場合によっては施術を断られる場合もあるとか?どのようなケースが多いのかご一緒に調べてみましょう。

施術前の自己処理が基本

脱毛の前にはしっかりと毛を自己処理してきて施術に備えるのが基本となっています。一方で自分でやっても剃り残しがあったりすることもあって、脱毛サロンのスタッフさんが剃ってくれるというケースも多かったようです。

スタッフさんが剃ってくれるといってもそれが無料のサービスのお店もあればその分の料金をとられるところもあったようです。ところが最近ではそうしたサービスは減っているようです。無料のサービスはもちろん有料でもやってくれないところも出てきているようで、剃り残しがひどい場合はその日の施術事態断られてしまうことが増えてきているようです。

除毛を手伝ってもらえる部位

一方でそうしたスタッフさんによる除毛の手助けを受けられる場合は、自己処理が難しい部位ならサービスを受けられるというところもあるようです。自己処理となるとどうしても自分では手が届きにくいところや見えにくところがありますよね?そのような場合にはシェービングのサービスを受けられるところもあるようです。

想像に難くないことですがやはりVIO部位はこうしたサービスは衛生面から受けることが難しいようです。VIOこそ自己処理が大変と思う方もいると思いますが、よく考えてみると他人のVIOを処理した器具で自分がまたやってもらうのもイヤなものですし、そうしたサービスのために大量にカミソリを用意するのも現実的ではないでしょう。

一番はスムーズな回転のため

しかしシェービングのサービスが減っている一番の理由はお店の回転率をあげることにあるようです。残った処理をスタッフがサービスしていた時はそれに時間が取られてしまい実際の脱毛の施術に入るまでに時間がかかってしまっていたようです。

さらにお店のサービスに任せっぱなしにして自己処理を全然してこないというお客さんも一定数出てきてしまったようです。予約の取りやすさにもつながるのでこうしたサービスの減少はいたしかたないのかもしれません。

自己処理はなるべくしっかりと

やはり人気があってなかなか予約が取りにくいサロンなどではテンポよく回転させていかなければならないのでお客さんの側も自己処理をなるべくしっかりとやって協力したいものですね。結果的にシェービングに取られる時間が少なくなればわたしたちの側も予約がとりやすくなって便利になるわけですね。