福岡で脱毛というと一番の不安と言ってもいいのが「痛み」ではないでしょうか?痛い毛を抜く、毛根を焼く、破壊する、などと言われるとどうしても「痛いのでは?」と心配になりますね。しかし同じ施術でも痛いと感じる人もいれば、痛くないと感じる人もいます。できれば痛くない方がいいですよね。脱毛サロンで痛くない施術をするには、どうすればいいのでしょうか?

痛いと言われる脱毛

脱毛サロンでは痛いのがデメリットと言われる脱毛法が電気脱毛です。電気脱毛は毛穴の毛穴に針を刺して電流を流し、毛包を破壊するという方法です。脱毛サロンで行われる電気脱毛は医療用と比べると電圧が低く、時間がかかると言われています。その分痛みを感じやすくなることもあるようです。ただし、電気脱毛は脱毛効果が高く、永久性が高いと言われている方法です。

また、電気脱毛は肌を選ばないのもメリットです。通常、日焼けしている肌に脱毛はできませんが、電気脱毛は日焼けしている肌でも、アトピー性皮膚炎でも施術をすることが可能です。

光脱毛は痛くない?

光脱毛のメリットとして施術中の痛みが少ない、と言われます。それは出力パワーが低いことも関係しています。医療レーザーの方が痛みが強いと言われるのは、出力のパワーが高いということも一つの理由です。しかし出力が高い方が効果の出やすいということも言えます。光脱毛は痛みが少ない分、脱毛の効果を実感するのに時間がかかることもあります。

脱毛サロンの中には光脱毛でも痛みがあると感じることがあります。その場合は出力を下げてもらうこともできますので、スタッフに相談してみるといいでしょう。

脱毛の痛みは部位や毛質にもよる

脱毛の痛みは部位によっても異なります。毛が太くて濃い部位である、わきやデリケートゾーンなどは他の部位と比べると痛みが強く出ると言われています。毛が密集している部位は、その分光が反応しやすいので、痛みにつながるのです。

痛いと感じるのは肌質や毛質にもよります。毛が太い、毛深いという人は、そうでない人よりも痛みを感じやすいと言われています。しかし、痛みは感じやすいですが、光脱毛の効果も出やすいと言えます。

体験で痛みを確認してみる

福岡ではどの脱毛サロンが痛いか、痛くないか、というのは判断が難しいものです。人によって毛質が異なることもあり、痛みの強さは個人差があるからです。口コミなどで「痛くない」と言われていても、違う人は「痛い」と感じることもよくあることです。確認するには、体験をしてみるのがオススメです。