脱毛サロンに行く前には、前処理としてムダ毛を剃っていくことになっています。ムダ毛の処理といっても、ツルツルにしていくわけではありません。施術をしやすいように剃ることが必要です。剃ってから行ってもその方法が間違っていると、施術ができない場合があります。ムダ毛の前処理をする際にはどのような点に注意すればいいのか、知っておきましょう。

脱毛前、ムダ毛を剃るのはいつ?

脱毛前にムダ毛を剃るのはいつ剃ってから行けばいいのでしょうか?迷うところですね。サロンに行く直前だと、泡って剃ることになり肌を傷めてしまうことがあります。剃ったばかりだと肌が敏感になっているので、ダメージも受けやすいでしょう。3日前などに剃ってしまうと毛が伸びてしまい、施術ができなくなってしまうこともありますね。基本的には前日に剃ってから行くのがいいでしょう。

ムダ毛は1~2mm程度残して剃るように言われると思いますが、サロンによく確認するようにしましょう。

電気シェーバーでの正しい剃り方

脱毛サロンに行く前にムダ毛を剃っていくのが基本ですが、その際には電気シェーバーで処理をするのがオススメです。処理の方法としてはカミソリといった方法もありますが、電気シェーバーの方が肌に負担をかけずにすむからです。

肌に負担をかけにくいといっても、使い方によっては肌を傷めてしまうこともあるので、肌に刺激を与えないように剃ることが必要です。電気シェーバーは毛の流れに逆らって剃ること、ジェルやシェービングフォームは使わない、といった点がポイントです。また、機種や使用頻度にもよりますが、刃の交換は説明書を読んできちんと交換するようにしましょう。

カミソリで剃った方が肌への負担が少ない場合もある?

ムダ毛処理としてはカミソリよりも電気シェーバーの方が肌への負担が少ないと言われています。しかし、全ての人がそうとは限らず、電気シェーバーの方が肌が乾燥しやすいというケースもあります。その場合はカミソリを使った方が、肌へのダメージを減らすことになります。

カミソリも近年では安全に使えるものが増えてきました。肌への抵抗も少なくなった刃を使ったものも出てきています。正しく使えばカミソリでも肌へのダメージを減らして剃ることができるでしょう。電気シェーバーかカミソリかは肌質によって決めるといいでしょう。

肌を傷めない前処理を行う

脱毛サロンに行く前には、ムダ毛の処理が必要です。その方法としてはカミソリや電気シェーバーがあります。どちらかというと電気シェーバーの方が肌への負担は少ないと言われていますが、正しい方法で行うことが必要です。肌への負担が大きいと言われているカミソリも選び方と使い方次第では肌を乾燥させずにすみます。どちらを選択する際も、肌を傷めない方法で行うことが大切です。