脱毛サロンで施術をしたその後は、きちんとしたケアが必要です。脱毛サロンの施術は肌に負担をかけにくいと言われていますが、肌に全くダメージがないというわけではなく、施術後は肌が敏感になっています。アフターケアをしないと、肌トラブルの原因になるのです。脱毛の正しいアフターケアについて知っておきましょう。

脱毛のその後の肌はどんな状態?

脱毛サロンでは光脱毛という方法で施術をしています。中には電気脱毛という方法が主流でしたが、高い技術がいることや時間がかかること、痛みがあることなどのデメリットがあり、光脱毛の方が好まれているようです。

光脱毛は黒いものに反応するという光の性質を利用して、ムダ毛を処理する方法です。光の出力はあまり高くないため肌への負担が軽いと言われています。それでも肌に全くダメージがないわけではありません。施術後の肌は敏感になり、乾燥しやすく、外部からの刺激に弱くなります。

施術後に必要なアフターケアとは?

脱毛サロンで施術を受けたその後は、保湿をすることが大切です。施術後の肌は乾燥しやすくなります。そのままにしておくと、かゆみや腫れ、赤みなどを引き起こしやすくなります。肌の乾燥を防ぐためには施術後すぐに保湿をすることが必要です。サロンでもきちんと保湿ケアはしてくれますが、家に帰った後は自分でもしっかりと保湿をするようにしましょう。

また、アフターケアとして普段も肌の保湿ケアをすることが大事です。保湿をすることで、肌トラブルを予防することができ、また脱毛効果も上がると言われています。

施術後に注意するべきことは?

脱毛サロンで施術をした後は、保湿をするということのほか、注意しなければならないことがあります。それは肌に刺激をできるだけ与えないことです。入浴は控え、シャワーですませるようにしましょう。過度な飲酒や激しいスポーツなども控えること。肌への過剰なケアも注意した方がいいでしょう。

施術後の敏感な肌に刺激を与えると、肌トラブルの原因になりますので、注意しましょう。サロンのスタッフの指示に従い、しっかり守るようにしてください。

自己判断で肌トラブルを起こさないために

脱毛後は肌が敏感になっています。敏感肌でもないし、肌は弱い方ではない、という人も施術後は肌に刺激を与えないことが大切です。「これくらいなら平気」と自己判断をすると、かゆみや腫れなどを引き起こすことあるので、肌に刺激となることは避けるようにしましょう。